Career Highlights

2003
START

>>2004

レーサー人生がスタートした記念すべき年です。
意気揚々とオーディションを通りましたが、コースでは全く歯が立ちませんでした。「やっぱりダメかも。」という思いがちらついたりもしましたが、「レーシングドライバーとして世に出てやる!」という強い気持ちが、私をこの世界に留まらせたのでした。

5月22日


雑誌で偶然見つけたレーシングチームのドライバーオーディションに参加。
チームと、そしてFJとのファーストコンタクト。とにかく楽しかった。 面接では「プロになりたいです!」と豪語。
その甲斐あってか、一週間後にはめでたく1次審査合格通知が届く。

6月21日


2次審査を通り記念すべきこの日、有限会社ディープレーシングのドライバーとして契約。
身の程知らずが一人誕生。
 

7月18日

契約後初走行。ジムカーナ講習。
この日、ヒール&トゥがちゃんと出来れば、次回からは本コースに出られるが。。。
そ、そりゃもう、歓喜の1発合格。
 
9月12日


筑波2000初走行。というかサーキット初走行。しかもFJ1600。始めてづくしの記念日。
道幅が広くてどこを走っていいかわからない。全然曲がらない。かなりおっかない思いをして走っている横をびゅんびゅん追い抜かれて、速さに驚き、かなりヘッポコなデビューであった。

10月12日


1 ヶ月ぶりの走行。前回の悔しさはさらりと忘れ、アクセルを前よりも踏めた。
タイムも1秒アップ。
 

11月28日


また1ヶ月ぶりの走行。本当はあまり間隔をあけずにどんどん走りたいが、支払える金額にも限度があるので仕方がない。
それでも走るごとに運転に慣れていく。今回はベストタイム更新は少しだけだったが、平均のタイムが2〜3秒アップ。
また、今回はチームのOBで現役レーサーである岡本章平選手からアドバイスをいただいた。
 

12月10日


周りを見る余裕が出たようで、「人と比べてどこが違う」という見方が出来るようになった。ベストタイムも例によって更新。来年もベストタイムを更新し続けられるようにガンバる。