整備記録

'10.1.31

クラッチ交換
0112298q

クラッチディスクが減ったような気がするので、交換です
作業が大掛かりなので、さいたま市にある彩光オートサービスさんにて作業をお願いしました。
 


作業をお願いした彩光オートサービスさん

 


バッテリーの端子をはずします。

それからシフトレバーを外します。
外さないとミッションが外れません。
 


クラッチのレリーズを外します。

その他、ミッションに付いているハーネス等を外します。
 


印をつけて、後で組むときに取り付け向きが分かるようにして、

プロペラシャフトを外します。
 


プロペラシャフトを支えているステーも外します。

「慎重にお願いします!」
「えー!?だって鬼丸のだしな〜」 


外したプロペラシャフト

 

マフラーステー、ミッションマウントステーを外します。
 


写ミッションケースとエンジンをつないでいるボルトを外していきます。

ミッションケースが落っこちないように台で支えながら、

超長ーいエクステンションを使ったりして、
まず細いボルトから緩めていきます。
 


ボルトを外したら、ミッションを車両後ろの方に抜きます。

「慎重に作業をお願いします!!」
「えー!?なんつったって鬼丸のだからな〜・・・」
 


外れました!
   


クラッチカバーをさくさく外していきます。
   


外したクラッチ(左)と新品のクラッチ(右)

古いほうも、もうちょっと大丈夫そうなので、
スペアとしてキープしておきます。!
   


ついでにクラッチの構造を勉強します。

「こうなってこうなってああなってるんだ」
「ほほ〜」
「ただし、鬼丸のはそこまで慎重にやらなくてヨイ」

鬼「きわめて慎重にお願いします。」    


新しいクラッチを組みます。

この時にクラッチディスクがセンターに無いと、
ミッションケースが付けられません。
センターに棒を差し込む”芯出し”を忘れずに。
   


後は逆の手順で部品を組んでいきます。
   


全部組みあがれば完了です!
   

 

整備記録