2009 TOKYO MOTOR SHOW その1
 

 

 

やはり全体的には“エコ”でした。
ハイブリッドカーと電気自動車がどのブースでも扱われていました。

特に電気自動車の話題は増えていると思います。

 

 

一番有名なのはすでに市販が一応始まっている、M菱自動車の「i-MiEV」ですね。


 

コンセプトカーですがスズ○の「SWIFT」のプラグインハイブリッド


 

今回、Nっ産はゼロエミッションという言葉が全面に押し出されていました。
電気自動車や燃料電池車でいろいろなものをゼロにして行こうというものだそうです。

その中で、このホッソイ車「ランドグライダー」が展示されていたり、


 

電気自動車の街が模型で作られていたりしていました。(車がチョロチョロ走っています)

この模型の街を見ていた女の子は「かわいー」と感想を言っていました。
これがかわいいのか〜

 

他にも、ヤマHの電動チャリンコ「PAS」の最新型(?)
もはやチェーンがありませんね。完全にモーターです。まさにモーターショウ。

 

世界のAケボノブレーキのブレーキキャリパーも、モーター式の物があるらしいです。
ちょっと怖い・・・。


 

モーターではなくてこんな車もありました。

所さんのチョロQです。ゼンマイ式です。

後ろに引っ張って、離すと。

 

エコな話はこんな感じにしときまして。

次はエコとスポーツの両立。またはバリバリのスポーツ。

次へ